ますや呉服店

着物や浴衣の通販ならお任せ下さい。高級反物浴衣からお手頃価格の浴衣まで各種取り揃えております|ますや呉服店

新着ニュース


 


店長日記

『ますや呉服店』WEBSHOPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。当店は”良品廉価”をモットーに商品を豊富に取り揃えております。

店長日記はこちら >>

おすすめ商品

HOME»  着物の知識»  役に立つ豆知識

役に立つ豆知識

こちらのページでは、着物を着る際のちょっとした工夫、疑問、知識などを掲載致します。参考になれば幸いです。

 
●きれいな衿合わせのコツ
半衿が動かず、長く美しさを保つには、どの位置で合わせるのがよいでしょうか。一般的にのどのくぼみが見える程度に合わせ、バストトップに衿山が掛かるのを目安にすると、衿もとが安定し、美しい着姿になります。このとき、長襦袢の衿先に力布(あるいは紐)を付けておくと腰紐を締めた後にも直しやすく、着崩れを直すときにも役立ちます。
 
●足袋の素材とこはぜ
足袋の素材はキャラコ(薄地の平織り木綿)などの綿100%が中心で、ほかに紬や麻、お召しの生地を使ったもの、綿などに化学繊維を加えたものがあります。衿仕立ての白足袋が一般的ですが、最近はカラフルな染めの色足袋や可愛い柄足袋も増えてきました。留め金具であるこはぜは、三枚か四枚が一般的です。
 
●和装用ブラジャーについて
美しく着付けるための一助として、和装用のブラジャーがあると胸の形が整います。特にふくよかな方は前をすっきりと押さえます。和装用のブラジャーは、前ホック式や前ファスナーのものなど多くの種類があります。ホックやファスナーの裏に金具が直接当たらないよう工夫したものや、自分で補整できるようなパッドがついたものもあります。
 
●衣紋の抜き方の基本寸法
衣紋の抜き方は、首の付け根から後ろの衿山まで、手の指四本(こぶしひとつ分)が入るくらい空けるのが基本です。横や後ろから見た場合、後ろ衿が極端に抜けていないよう気を配ります。衣紋の抜き方は、着る方の好みやきものの種類によって異なりますが、抜きすぎると下品になります。逆に衿が首に付くように詰まりすぎるのも見苦しいものです。