ますや呉服店

着物や浴衣の通販ならお任せ下さい。高級反物浴衣からお手頃価格の浴衣まで各種取り揃えております|ますや呉服店

新着ニュース


 


店長日記

『ますや呉服店』WEBSHOPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。当店は”良品廉価”をモットーに商品を豊富に取り揃えております。

店長日記はこちら >>

おすすめ商品

HOME»  着物の知識»  子どもの着物

子どもの着物

子どもが誕生し、成人式を迎えるまでにはさまざまな行事があります。こうした人生行事の古来からの習わしと装いは、地域によって独自の呼び名や慣習をもつものもありますが、ここでは一般的に行われている「宮参り」「七五三」「十三参り」のそれぞれの晴れ着について、その由来から着こなし方まで、覚えておきたいことをまとめました。

 
●宮参り
子どもが誕生して、最初に行われるのが「宮参り」です。地方によって違いはありますが、男児は生後31日目、女児は33日目と言われますが、現在はほぼ1カ月後に行われています。子どもの健康と幸福を祈り、氏神様への初めての挨拶として神社に詣でます。このとき赤ちゃんには初着を着せ、その上に「お祝着(男児の場合はのしめとよぶ)」を着せます。背縫いを付けず、幅いっぱいを身頃に使い、幅の広い紐を付けます。祖母が赤ちゃんを抱く風習は、産後の母体への思いやりから生まれたものといわれています。
 
●七五三
七五三のお祝いは、室町時代におおよその形が整い、江戸時代になると、それぞれの年齢に合わせた祝いの儀式が、毎年11月15日に行われるようになりました。この伝統にちなんで、現在は数え年3歳の女児、5歳の男児、7歳の女児が神社に詣でます。地方によっては、男女とも、7歳、5歳、3歳で祝うところもあります。
 
・7歳のきもの
江戸時代には、7歳の女児は「帯解きの祝い」といって、付け紐を取ったきものに初めて帯を結ぶ儀式をしました。現在の7歳の祝い着は、体格によって、四つ身か本裁ち四つ身の振袖を用意します。色柄の華やかさは大人と変わりませんが、肩揚げ、はこ迫、しごきは子どもの祝い着ならではのものです。
 
・5歳のきもの
5歳の男児のお祝いは、江戸時代には「袴着の祝い」といわれる、初めて袴を着せる儀式をしました。
そのため、現在の祝い着も成人男子の正装と同じように、黒羽二重五つ紋付きに縞の袴です。ほかに、熨斗目の羽織に縞の袴、絵羽模様の羽織に西陣織やお召しの袴など、個性的な装いもたくさんあります。
 
・3歳のきもの
江戸時代には3歳になると男女とも、髪をのばし始める「髪置きの祝い」を行いました。現在は3歳の女児が中心です。祝い着は、帯付きより軽く装える被布姿が主流です。
きものは三つ身か四つ身仕立てにし、体格に合わせて肩揚げ、腰揚げをします。被布の下には三尺帯やしごきを結びます。
 
●十三参り
「十三参り」とは虚空蔵菩薩や全国各地の神社に、陰暦3月13日(現行4月13日)に数えで13歳になる男女がお参りする行事です。13歳の厄難を払い、知恵を授かるように祈願します。女子は大人へと変化する区切りの時期として、18世紀後半から始まったといわれています。初めて大人の本裁ちのきものを肩あげし、おはしょりをします。帯は大人の袋帯などを締めます。最近は行事の意識が認識され、関東各地でも行われるようになりました。