ますや呉服店

着物や浴衣の通販ならお任せ下さい。高級反物浴衣からお手頃価格の浴衣まで各種取り揃えております|ますや呉服店

新着ニュース


 


店長日記

『ますや呉服店』WEBSHOPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。当店は”良品廉価”をモットーに商品を豊富に取り揃えております。

店長日記はこちら >>

おすすめ商品

HOME»  着物の知識»  下着と小物

下着と小物

着るときに必要な物の名称を覚えると同時に、本来どのような役目があるのかを知ることで、用いる意味を理解することができるでしょう。自分に合った使いやすい下着や小物を使うことが着崩れを防ぎ、美しい着こなしを約束してくれます。

 
●衿芯
衿の形が崩れないように、長襦袢や半襦袢の半衿に芯として入れるものです。目の細かい薄地の綿織物を用いるほか、生地をバイヤスに裁断したものもあります。近年は、ポリエチレンやナイロンなどの合成樹脂でできた衿芯が多く使われています。
 
●半衿
衿の汚れを防ぐために、あらかじめ地衿の上に掛ける「掛け衿」のひとつで、襦袢(特に長襦袢)の衿に掛け、装飾と汚れ防止を兼ねたものです。今日の半衿の形式は、江戸時代中期頃にできたといわれています。明治から大正にかけては、女性のきものの色柄が地味だったため、その分、半衿は総絞りや刺繍入り、友禅染めなどの華やいだものが好まれたといわれ、これらは現在も用いられています。半衿の素材は縮緬、塩瀬、羽二重、絽や麻などがあります。
 
●肌襦袢
肌に直接着用し、肌の汚れや汗を取るための下着です。素材は肌触りがよく、汗を吸収し、通気性のある晒木綿(さらしもめん)を用いた単仕立てのものが多く、ガーゼの袷仕立てのものもあります。肌襦袢は裾よけと一緒に用いますが、両方の機能を合わせたワンピース型も好まれています。
 
●裾よけ
腰に巻きつけて使うもので足さばきのよい素材を用います。肌襦袢と共に素肌に着けます。裾よけは裾さばきをよくし、長襦袢の裾の汚れを防ぐために用いられます。
 
●長襦袢
肌襦袢と裾よけの上に着るもので対丈に仕立てます。裾まである襦袢を長襦袢といい、上半身だけの半襦袢(裾よけと共に用いる)もあります。長襦袢の袖丈はきものに合わせ、半衿を掛け、きものの裏の汚れを防ぐと共に保温の役目もします。
生地は綸子、縮緬、羽二重、ポリエステルなどを用います。夏には絽や紗、麻などを使います。礼装用には白地を用いますが、普通のきものには色や柄染めのものを用います。袖口や振りからのぞく長襦袢ときものの色との調和は、和服の美しさのひとつといえます。
 
●伊達締め
女性が長襦袢やきものの前を合わせて締める幅の狭い単帯で、博多織、正絹無地、絞り、合成繊維、ゴム地などが用いられています。一般に結びやすいように両端が柔らかい地風のものを伊達締めといい、夏用の薄手の紗の織物もあります。
 
●腰紐
着つけに使う紐で、腰帯ともいいます。きものを着るとき着崩れしないように形を整えたり、おはしょりをするために結ぶ幅の狭い紐のことです。生地としてふつうはメリンスが用いられますが、近年は合成繊維や中に芯を入れた幅2~3センチのくけ紐、しごき風の絹などもあります。幅は5センチ程度が適しています。
 
●足袋
足を覆い包む和装小物で、昔はほとんどが革製で、指先が割れていない形でしたが、室町時代以後に現在の形になりました。こはぜも元禄年間から現れ、それ以前は紐で結んだ紐足袋が用いられていました。女性は白のキャラコ(綿織物)が一般的です。色は白のほか色足袋や柄足袋もあります。かつて足袋は冬は裏地がネル、春秋は木綿、夏は表面が麻、裏が薄い木綿というように、裏地により季節を変えていましたが、現代はネルの裏地は少なくなりました。こはぜは3~4枚が一般的で、日本舞踊などの場合は、5~6枚のものが用いられています。
 
●帯枕
帯を結ぶときにお太鼓部分の形を整えて締める道具です。帯結びの種類が多くなるにつれ、きものの格や、それぞれの結ぶ形に合わせて、大きさや型を選ぶようになりました。
 
●帯板
帯を締めるとき、胴周りにしわができないように前に挟む板状のもの。前板ともいいます。布製やプラスチック製のほか、ベルト付きのものもあります。
 
●帯揚げ
帯を結ぶときに帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る小布のこと。近年は帯結びの技術が進化し、装飾性が強くなっています。素材は薄地の縮緬、紋綸子、合成繊維、夏用には絽や紗があります。絞り、ぼかし染め、模様染め、無地などのほかに刺繍や金銀箔をほどこしたものもあります。
 
●帯締め
帯の上中央に最後に締める紐です。帯を結ぶ目的のほか装飾的な役割も強く、きものや帯との色や、材質の調和が重要です。組紐は平たく組んだ「平打(ひらうち)」と、丸く組んだ「丸組」とに大きく分けることができます。平打は幅や厚みがあり安定感があります。丸組は細身で結びやすいのが特徴です。
 
●末広(扇子)
扇子は末広がりの形から末広ともよばれます。黒塗りの骨に金銀の地紙を貼ったもの(中央)が一般的な祝儀扇です。これはフォーマルなきもの全般に使えますが、白骨の祝儀扇は色留袖、訪問着などに用い、黒留袖には用いません。最近は蒔絵の骨やカジュアルな竹骨のものなどもあり、黒留袖以外なら、きものに合わせて選びます。