ますや呉服店

着物や浴衣の通販ならお任せ下さい。高級反物浴衣からお手頃価格の浴衣まで各種取り揃えております|ますや呉服店

新着ニュース


 


店長日記

『ますや呉服店』WEBSHOPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。当店は”良品廉価”をモットーに商品を豊富に取り揃えております。

店長日記はこちら >>

おすすめ商品

HOME»  着物の知識»  着物の種類

着物の種類

きものは素材や模様のつけ方、紋の数などによって、TPOが変わります。なかには、未婚・既婚の区別がされているものもあります。代表的なきものの特徴を知って、その場にふさわしい装いをしたいものです。

 

●留袖(既婚女性の第一礼装)
留袖は祝儀のためのフォーマルきものです。黒地の黒留袖には、背中心、両胸、両外袖の5カ所に日向紋を染め抜き、裾に華やかな模様が描かれています。色地の色留袖もあり、五つ紋のついたものは黒留袖と同格です。女性が18歳になったとき、あるいは結婚したとき、それまで着ていた振袖の長い袖を切って短くしました。これを「留袖」といい、かつては大人の女性が着るきもの全般をさしました。ところが、19世紀初めに、黒地染め抜き日向五つ紋の江戸褄(裾模様のきもの)を既婚女性の式服とする習慣が広がり、それ以来、このきものを黒留袖というようになったのです。
 
・黒留袖
現在、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着用します。生地は主に一越縮緬(シボの小さい縮緬)が用いられ、友八掛(表と裏の裾部分が同じ生地)がついています。模様は染めや箔、刺繍を用いた吉祥文様、有職文様、正倉院文様などの格の高いものが好まれ、金銀白の帯や小物を合わせます。
 
 
・色留袖
五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼装です。
黒留袖は染め抜き日向五つ紋と決まっていますが、色留袖は五つ紋(この場合は比翼仕立てにする)のほか、三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。紋の数が減ると準礼装になるので、格式のある茶会やパーティにも向きます。
 
●振袖(未婚女性の第一礼装)
袖丈の長いきもの、振袖は一般的に未婚女性の第一礼装とされます。袖丈が長いほど格が高くなり、改まった感じになります。現代のきものの原形は、室町時代の小袖(袖口の小さなきもの)といわれ、振袖という名称が生まれたのは江戸初期のことです。当時の振袖は子どもと18歳までの未婚女性が着るきもので、振り(袖つけから袖下までが開いている)のある長い袖は、若さの象徴でした。現在も長い袖のもつ意味は変わりませんが、既婚女性もパーティなどでは振袖を楽しんでいます。
 
●訪問着(絵羽模様の社交着)
色留袖の次に格の高いフォーマル用で、おしゃれ着の要素を併せもった準礼装のきもの。縮緬や綸子、絽、紗、紬などの生地に、絵羽模様が描かれています。洋装のビジティングドレスと同格のきものとして、大正時代に「訪問着」と名付けられました。公式な訪問用の社交着だったため、当時は三つ紋をつけましたが、現在は一つ紋をつけるか、紋を省略する場合も多くなりました。訪問着は、披露宴やパーティ、茶会、見合い、結納などに向き、しかも未婚・既婚を問わず着ることができます。
 
●付下げ(訪問着を簡略化したきもの)
付下げは訪問着より気軽で、小紋よりは格の高い染めのきものです。訪問着に比べて簡略化されているところは模様づけです。基本的に前後の身頃、身頃から袖などの縫い目で模様がつながっていません。華美な訪問着が禁止された戦時下に考案された模様づけの方法です。訪問着のような絵羽模様ではなく、着たときに模様がすべて上を向くように描かれています。人気が出たために、上前の衽と上前身頃の模様が縫い目でつながるように改善され、付下げ訪問着とよばれる華やかなものもあります。
 
●色無地(シンプルな一色染めのきもの)
一色染めの色無地は、目的に合わせて着分けることができる利用範囲の広いきものです。紋をつけると、慶弔両用の準礼装になります。子どもの卒入学式や七五三、各種お祝いの席、茶席、通夜や法事などに、一つ紋付きの色無地ほど便利なきものはありません。明るく華やかな色は慶事に、両用する場合は紫、藍、緑、ねずみ色系などのシックな色を選びます。紋の数によって格が変わり、五つ紋はかなり改まった式服に、三つ紋は無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。
 
●江戸小紋(無地感覚の格のあるきもの)
江戸小紋は色無地と同じように一色染めのきものですが、糊で防染した模様が白く染め抜かれています。
その模様の種類は数千ともいわれますが、かつて武士の裃に用いられていた細かな柄(鮫、角通し、行儀、菊菱、霰など)は、遠目から見ると色無地のように見えます。こうしたきものは色無地と同じように紋をつけ、袋帯を合わせると準礼装になります。小紋の一種ですが、特別な小紋として位置づけされています。
 
●小紋(気軽な染めのおしゃれ着)
小紋は繰り返し模様の型染めのきものです。まれに手描きもありますが、基本は型を使って染めたものが中心です。洋服でいえば、プリント柄のワンピースのようなもので、フォーマルすぎず、くだけすぎず、ちょっとおしゃれをしたいときにとても便利なきものです。生地は縮緬、綸子のほか、紬にも染められます。小紋というと華やかな友禅をイメージしますが、紅型・藍型、更紗、絞り染め、ろうけつ染めなど、特徴ある技法で染められたものがたくさんあります。基本的に江戸小紋や加賀小紋以外は、紋はつけません。全体に柄のついた小紋柄でも、柄がすべて上をむいているきものを、付下げと小紋の中間の柄付ききものといことで、付下げ小紋と言います。
 
●織りのきもの(綿や木綿などの普段着)
白生地から色柄を染めたものを「染めのきもの」、糸をそめてから模様を織り出したものを「織りのきもの」といいます。織りのきものの代表は紬で、ほかにお召し、麻、木綿、銘仙、紙布などがあります。これらは基本的には、普段着のきものになります。紬などには高価なものもありますが、きもののTPOを考えると、正式な場所には不向きです。むしろ、織りのきものは、決まり事にとらわれず、帯や帯揚げ、帯締めなどを自由に合わせ、気軽な街着として個性的に装うのがおしゃれです。
 
・紬(ざっくりとした風合いをもつきもの)
紬は織りのきものの代表です。かつては、どんなに高価でも紬は普段着とされてきましたが、今ではおしゃれ着として人気があり、絵羽模様のものは準礼装にもなります。紬には暖かな着心地のものやひんやりとした感触のものがあり、その風合いの違いは、主に繭や糸の紡ぎ方によるものです。
 
・お召し
お召しとはお召し縮緬の略です。11代将軍徳川家斉の時代に、京都の西陣で、糸を染めて織る縞縮緬がつくられ、これを将軍が好んで愛用したことから、お召しの名がついたといわれます。お召し糸を使ってつくられますが、糸の段階で精錬し、糸を先染めしたあとで織り上げます。織る際には緯糸(よこいと)に「お召し緯(おめしぬき)」という特殊な強撚紙を使用し、撚りが戻ろうとする力を利用して、織物の表面に細かいシボを立たせます。縮緬は織りあげてから精錬しますが、お召しは織る前に精錬するので、シボの状態と風合いが違ってきます。
 
●浴衣(カジュアルな夏の遊び着)
ここ何年も続いている浴衣ブームに乗って、浴衣は夏の遊び着として欠かせないものになりました。浴衣は貴人が入浴のときに用いた麻の湯帷子がルーツとされ、江戸時代になると木綿の浴衣が湯上りのきものとして大流行し、やがて夏のくつろ着になりました。江戸時代からの伝統を受け継ぐ浴衣は、藍地に白、白地に藍で染められたもの。素材は綿コーマ、綿紅梅、綿絽などが主流です。現代は洋服ブランドも浴衣を手がけるようになり、伝統の藍と白のほか、色とりどりの洋服柄の浴衣もたのしめるようになりました。
 
・綿コーマ
丈夫な木綿のコーマ糸で織った平織りの素材。浴衣の生地としてはもっとも一般的なもの。
 
・綿紅梅
薄手の地に太めの糸を織り込んで表面に凹凸を出し、綿や格子模様を表現した木綿織物。
 
・綿絽
独特な隙間を作りながら織っていく夏の織物。絽織りを木綿糸で表したもの。透け感がさわやか。
 
●黒喪服・色喪服(通夜や告別式に着るきもの)
喪の装いは、黒一色の黒喪服と渋い色の色喪服の2種類に分けられます。これらは、きものと帯の色によって格がきまります。第一礼装は黒喪服に黒共帯で、葬儀や告別式の喪主、家族、参列者などが着用します。略礼装は喪にふさわしい江戸小紋や色無地のことで、これを色喪服といい、主に通夜や法事、偲ぶ会に向きます。喪服の格はきものの色だけでなく、帯の色との組み合わせで決まります。黒喪服と黒共帯、黒喪服と色共帯、色喪服と黒共帯、色喪服と色共帯の純に略式になります。
 
●羽織・コート
きもの用の防寒着としては、羽織とコートがあります。コートは訪問宅の玄関で脱ぎますが、羽織は脱ぐ必要がありません。羽織はもともと男性のもので、女性の着用が許されたのは明治に入ってから。それが大正時代になると、良家の子女は羽織なしでは外出しないといわれるほど大流行しました。現在はよそゆき用の絵羽模様や、気軽な小紋柄、紬などがあります。コートは道行と道中着が主流です。