ますや呉服店

着物や浴衣の通販ならお任せ下さい。高級反物浴衣からお手頃価格の浴衣まで各種取り揃えております|ますや呉服店

店長日記

『ますや呉服店』WEBSHOPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。当店は”良品廉価”をモットーに商品を豊富に取り揃えております。

店長日記はこちら >>

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park

HOME»  着物の知識»  浴衣の着方

着物の着方

 
①左右同じ位置で衿(えり)と背縫い(背の中心の縫い目)をもって、背中心を決めます。次にくるぶしの高さまで(すそ)を引き上げます。   ②左手側を右の腰骨の位置に合わせ、たるみが出来ないようにしながら着付け上がったときの上前幅を決めます。
 
③上前を開いて下前を合わせます。この時、褄先(つまさき)を7cm位引き上げるのがポイント   ④下前の位置がずれないようにして上前を重ねます。次に、腰ひもをウエストのやや下にあて、このままの状態を維持しながら体に巻いて結びます。
 
⑤身八つ口(袖つけのすぐ下のあいている部分)から手を入れて、後ろ・前ともにおはしょりを下ろしてきれいに整えます。   ⑥片手で左右の衿を合わせて持ち、反対の手で背縫いをつまみ、背中心を確認します。
 
⑦身八つ口から手を入れて、下前の衿を引き、衿合わせを整えます。   ⑧胸ひもも、腰ひもと同じようにバスト下の位置で締めます。背中に寄ったしわを左右のわきにむけて伸ばし、整えます
   
⑨着付け完成です。帯板を付けると、帯にしわが寄りづらくなり、よりきれいに着ることができます。